LISr(リサ)は、映像に隠された視えない情報を「浮き上がらせ」
驚くほどの画像鮮明化を実現する全く新しいシステムです。

  疲労・ストレス測定システム

LISr(リサ)の画像鮮明化技術とは

LISrは、”Logical Image sensitizer(ロジカル イメージ センシタイザー)” を略したものです。sensitizer(センシタイザー)とは感光性により映り込んだものが、段々と見えてくる現象のことを言います。つまり、「画像に対する感覚を高める」画像改善フィルタを表しています。
画像のいちばん明るい部分からいちばん暗い部分までの幅の数値が「ダイナミックレンジ」と言います。画像の暗く沈んだ領域や、白くとんだ領域、うっすらとコントラストが落ちた領域は、このダイナミックレンジが狭くなっています。

また、画像を構成する画素ごとにアルゴリズムによる判断を行なって、ダイナミックレンジを広げます。そして、そのうえで新しい画素に置き換えていきます。画素ごとに判断することで、極端に明るい部分と暗い部分が混在していても画像全体のバランスは崩れなくなります。明るい場所は明るいなりに、暗い場所は暗いなりに処理がされるので、鮮明な画像ができます。
24時間監視カメラで、悪天候や逆光、夜間と刻一刻環境が変化しても、すべて自動で対応することできます。

処理前の画像
LISrによる処理後
空や街灯の明るさは大きく変化せず、暗くつぶれた部分だけが浮き出ていることが判ります。
一般的なガンマ補正や レベル補正の処理後
暗い部分を明るく強調すると上の例のように空や街灯周りはつぶれてしまいます。

LISrによる画像鮮明化の特長

  • 悪天候によって視界が悪くなった画像、光量不足によって非常に暗くなった画像、逆光や光量変化が大きいために黒つぶれした画像、といった監視カメラに特有の悪条件下において、被写体の詳細を鮮明化することが出来ます。
  • 鮮明化は自動で行なわれますので、上記のような条件すべてでパラメータ等の調整は不要です。
  • 前後のフレームは使用せず入力されたフレームのみで変換するため動きの速い映像でも対応出来ます。
  • すでにカメラが導入されているシステムでも、本システムを映像ラインに挿入するだけで本性能を得ることが出来ます。(低帯域で伝送された映像は不向きです)
 
動画サンプル

LISrを採用した製品

映像鮮明化装置
LISr-101
詳細を見る
小型画像鮮明化装置
μ-LISr(マイクロリサ)
詳細を見る
鮮明化内蔵ネットワークカメラ
LISr-IPC1
詳細を見る
画像取込鮮明化ソフト
LISr-Capture
詳細を見る

ご質問やご相談を承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

06-6271-5427

(平日 10:00~17:00 土日祝および当社指定休日を除く)